国内で沖縄に行けるフライトの種類

沖縄に行くための飛行機の予約をするには航空会社の売り出しているチケットが必要になります。日本国内から出発する場合、当然ですが、国内線をつかえます。国内線の飛行機のチケットには、正規料金の「普通航空券」と「格安航空券」とがあります。格安航空券は、LCCという航空会社が販売しているticketで、日本の国内旅行者の多くが利用している価格の安いチケットです。

各航空会社就航情報

東京発沖縄行きのLCCは、スカイマーク以外のキャリアは成田空港発となります。スカイマークは羽田から沖縄へ飛べますが、羽田というアクセスの良さから利用者が多く、満席になるのも早い傾向にあります。

成田からは、ジェットスター・バニラエア・ピーチアビエーションの3つのキャリアが就航しています。LCC以外ではANAが成田から沖縄の便を就航されており、こちらはLCCではありませんので、お得に搭乗するなら「タビワリ」や「特割」といった割引システムを利用するといいでしょう。

関西発沖縄行きの飛行機は、関西空港から出発となり、就航しているLCCは2016年現在でjetstarとピーチです。LCC以外ではANAとJALが就航しています。名古屋発(中部空港)沖縄行きの飛行機は、ジェットスター・スカイマーク・ソラシドエアがLCCとして就航しています。この他にANAとJALも就航しています。

空港情報

福岡空港から沖縄へは、LCCではskymarkとPeachiが就航しています。国内でLCCの利用で沖縄に直行できるところは、成田空港・羽田空港・中部空港・関西空港・福岡空港の5つとなります。この他に、ANAやJALを利用して沖縄に直行できる空港は(LCCの就航無し)、新千歳・仙台空港・伊丹空港・小松空港・広島空港など23の空港となっています。

沖縄に飛行機で旅行に行くなら、ダイナミックパッケージも検討してみましょう。飛行機のチケットとホテルが一緒になったパック商品です。(国際線ツアーでは、旅行先を飛行機で移動するツアーを指させたりします。)通常のパックと違うのは、ホテルや航空会社を選べるという点です。

パッケージツアーに比べて選択肢が増えるので、費用を抑えた格安旅行も可能になります。初めての沖縄旅行の場合、旅行代理店がオススメのホテルに宿泊する方が安心感はありますが、リピーターなら選択肢が多い方がお得に旅行できるというメリット。

沖縄行きは欠航リスクが高い?

沖縄は「台風銀座」と呼ばれるほど日本国内でも最も台風の影響を受ける回数の多い地域です。
早ければ7月頃に台風が通過することもありますが、本格的な台風シーズン夏終わるごろです。夏休みが終わり、ツアーの価格も8月に比べてずいぶんと下がってきますし、焼けるような暑さから少し過ごしやすい暑さになりますので、この時期の沖縄旅行は人気があります。
しかし、台風のリスクについてもしっかりと計画に入れておかなければ散々な目に遭い、旅行の思い出どころか黒い歴史になってしまいかねません。9月の台風が来ることを想定して予算や日程を組むことが大切です。

欠航について

飛行機が弱いのは台風による「強風」と「大雨」です。大雨も視界が悪くなれば欠航の理由となりますが、強風は離着陸の時に大きな事故につながりやすいので、フライトに大きな影響を与える一番の理由となります。上空ににいる時は台風の上を通るので、離発着する空港が台風の状態によっては欠航。

沖縄発着の空の便は台風の影響で欠航することが多々あります。欠航するか決定するのは機長に委ねられますが、台風の場合は数日前から天気の状況や風速が予測しやすいので、弱風の場合でも先を見越して欠航することもけっこうふえてます。

台風は突然発生するものですが、日本よりはるかに離れたところで発生しても数日で沖縄付近にやってくることもあれば、遠くで停滞していつやってくるのか分からないです。自然が発生させるものですから誰にも予測はつきません。

ツアーの中止について

ツアーで沖縄旅行を申し込んでたのに、急に台風の足が速くなってツアーが中止されたという人も多いようです。基本はツアーで、乗る飛行機の欠航が決まらなければ中止にはなりません。台風の進路や速度によって、事前に分かっていれば旅行会社から連絡がありツアーがとりやめになるが、欠航が決定しないうちは台風が心配でも一応旅行の支度をして家を出て空港に向かわなければいけません。

自分で空港に行かず、予定通り(時間が遅れても)飛行機が飛んだ時には、自己都合の取消となり取り消し料が発生してしまうので注意が必要です。tourではなく個人でホテルを手配した場合、取り消しするのは自己判断となりますが、ホテルのなかでは、自然災害による欠航による中止であっても取消料が発生することもあります。

沖縄旅行で飛行機が欠航した時の対処方法

行きの飛行機が欠航した場合、ツアーで沖縄旅行を申し込んでいたのであれば、ツアー自体が中止か延期となります。(中止になるツアーが多いようです。)この場合は振り込んだツアー代金は後日旅行会社から返金されます。
個人で飛行機やホテルをきめた場合、欠航で旅行に行けなくなったと分かった時点で、ホテルに連絡を入れましょう。

ホテルによって、取り消し料が発生するかどうかの対応は違いますが、自然災害(台風など)が理由で中止となったことが明らかな場合は取り消し料が発生しないこともあるようです。飛行機の便を振り替えて旅行を延期する場合には、宿泊する日に部屋が空いているかどうかの確認もします。

HOTELを予約した時点で、台風などの自然災害による日程の変更や取消についての対応を確認しておくとよいでしょう。飛行機については、手続きを行うか、他の便に振り替える手続きを取ります。

払い戻しについて

欠航が決まったら空港の受付には払い戻しや振り替えの手続きを行う人が殺到します。払い戻しについては、欠航から40日後までの手続きが可能でウェブ上で手続きが出来るケースが多いので、焦らず、一旦は家に帰るというのも一つの方法です。問題は振り替えの手続きです。

振り替え後の飛行機の座席は早い者勝ちとなりますので、振り替えて旅行に行こうと考えているならば、空港カウンターかコールセンター、website上で手続きを行います。
空港カウンターは混雑しますが、ウェブサイトもアクセスが集中して繋がりにくい状況になることもあります。急ぐ場合はコールセンターか、欠航した空港から遠いエリアで天候の影響を受けていない空港のカウンターに電話をして振り替え手続きを取ってもらうという方法もあります。

欠航になった場合のホテルについて

帰りの飛行機が欠航したら、飛行機については同じような手続きを取りますが、全便欠航でその日のうちに帰れないことが分かったらすぐに宿泊する施設の手配をします。空港周辺のホテルなどはすぐに満室になる恐れがあります。帰りの便の振り替え手続きと宿泊施設の手配はすぐに行ってください。

空港から遠いホテルに移動する際も、飛行機に乗れなかった人をホテルなどに輸送するためタクシーが出払ってしまう可能性があります。遠いホテルを予約する時は、タクシー以外の移動手段についても調べることが重要です。台風シーズンに沖縄を訪れるならば、欠航リスクも考えて延泊するホテルをあらかじめピックアップしておくことをオススメします。

沖縄旅行で飛行機が欠航となった人の体験談

旅行の直前の天気予報でははるか遠くにあった台風も、急に速度を上げて沖縄に近づき、3泊4日の沖縄旅行の最終日、那覇のすぐ近くまでやって来ていました。
それまではとても晴れた良い天気だったのに、帰る日の明け方から風が強くなり、飛行機が飛ぶのか、そればかりが心配でした。
ホテルから航空会社のサイトをインターネットで調べても欠航という文字は出てきません。状況確認のためにも予定通りタクシーで那覇空港に向かいました。

朝の10時ごろ欠航が決まり、その日は始発以外の飛行機は飛ばないということになり、すぐにカウンターで翌日に振り替える手続きを取りました。

カウンターは長蛇の列で、順番が回ってくるまで1時間半かかりました。友人と二人で交代で飲み物を買ってきたり、座って休憩したりして過ごしましたが、お一人で並んでいる人は大変だと思いました。翌日の午前中のフライトは満席で、19時過ぎに成田に着く便が予約できました。

待ち時間に空港の周りのホテルに電話をかけまくって、延泊するところを探しました。幸いすぐにビジネスホテルを確保できましたが、それは友人が台風で欠航になることを考えて、空港周辺のホテルの電話番号をあらかじめ携帯電話に登録しておいて調べる手間が省けたからだと思います。

友人はとても心配症で、旅行好きですがいつも荷物がいっぱい。色々と状況を想定してたくさんの物を準備してくるのです

。でも、今回はそれがとてもありがたかったです。ホテルに移動してからは強風と大雨で危険なので外出は控えるようにとホテル側から念を押され、14時にチェックインしてからは缶詰め状態でした。することもなく、何をしようと考えていたら、友人が「大人の塗り絵」と色鉛筆を貸してくれました。

そんなものを持ってきているとは思っていなくて大笑いしましたが、友人曰く「台風があったから、もし、延泊になったら退屈だと」持ってきていたそうです。友人は他にも小説を1冊貸してくれました。

当初帰宅するはずだった翌日が祝日になるように旅行の日程を立てたのも彼女です。万が一欠航になっても次の日に会社を欠勤しなくても良いように、との配慮だったと知り、驚いてしまいました。

沖縄に9月に旅行する人に伝えたいのは、「備えあれば憂いなし」ということです。台風が来たら欠航になることも考えて、仕事の調整やホテルのリストアップなど色々とそうていしてじゅんびをしておくと安心だと実感しました。ホテルも安いホテルから満室になっていくので、高級ホテルに延泊する可能性も考えて予算をとっておくことも大事だと思います。