国内で沖縄に行けるフライトの種類

沖縄に行くための飛行機の予約をするには航空会社の売り出しているチケットが必要になります。日本国内から出発する場合、当然ですが、国内線をつかえます。国内線の飛行機のチケットには、正規料金の「普通航空券」と「格安航空券」とがあります。格安航空券は、LCCという航空会社が販売しているticketで、日本の国内旅行者の多くが利用している価格の安いチケットです。

各航空会社就航情報

東京発沖縄行きのLCCは、スカイマーク以外のキャリアは成田空港発となります。スカイマークは羽田から沖縄へ飛べますが、羽田というアクセスの良さから利用者が多く、満席になるのも早い傾向にあります。

成田からは、ジェットスター・バニラエア・ピーチアビエーションの3つのキャリアが就航しています。LCC以外ではANAが成田から沖縄の便を就航されており、こちらはLCCではありませんので、お得に搭乗するなら「タビワリ」や「特割」といった割引システムを利用するといいでしょう。

関西発沖縄行きの飛行機は、関西空港から出発となり、就航しているLCCは2016年現在でjetstarとピーチです。LCC以外ではANAとJALが就航しています。名古屋発(中部空港)沖縄行きの飛行機は、ジェットスター・スカイマーク・ソラシドエアがLCCとして就航しています。この他にANAとJALも就航しています。

空港情報

福岡空港から沖縄へは、LCCではskymarkとPeachiが就航しています。国内でLCCの利用で沖縄に直行できるところは、成田空港・羽田空港・中部空港・関西空港・福岡空港の5つとなります。この他に、ANAやJALを利用して沖縄に直行できる空港は(LCCの就航無し)、新千歳・仙台空港・伊丹空港・小松空港・広島空港など23の空港となっています。

沖縄に飛行機で旅行に行くなら、ダイナミックパッケージも検討してみましょう。飛行機のチケットとホテルが一緒になったパック商品です。(国際線ツアーでは、旅行先を飛行機で移動するツアーを指させたりします。)通常のパックと違うのは、ホテルや航空会社を選べるという点です。

パッケージツアーに比べて選択肢が増えるので、費用を抑えた格安旅行も可能になります。初めての沖縄旅行の場合、旅行代理店がオススメのホテルに宿泊する方が安心感はありますが、リピーターなら選択肢が多い方がお得に旅行できるというメリット。

user

user wrote 6 posts

Post navigation