沖縄行きは欠航リスクが高い?

沖縄は「台風銀座」と呼ばれるほど日本国内でも最も台風の影響を受ける回数の多い地域です。
早ければ7月頃に台風が通過することもありますが、本格的な台風シーズン夏終わるごろです。夏休みが終わり、ツアーの価格も8月に比べてずいぶんと下がってきますし、焼けるような暑さから少し過ごしやすい暑さになりますので、この時期の沖縄旅行は人気があります。
しかし、台風のリスクについてもしっかりと計画に入れておかなければ散々な目に遭い、旅行の思い出どころか黒い歴史になってしまいかねません。9月の台風が来ることを想定して予算や日程を組むことが大切です。

欠航について

飛行機が弱いのは台風による「強風」と「大雨」です。大雨も視界が悪くなれば欠航の理由となりますが、強風は離着陸の時に大きな事故につながりやすいので、フライトに大きな影響を与える一番の理由となります。上空ににいる時は台風の上を通るので、離発着する空港が台風の状態によっては欠航。

沖縄発着の空の便は台風の影響で欠航することが多々あります。欠航するか決定するのは機長に委ねられますが、台風の場合は数日前から天気の状況や風速が予測しやすいので、弱風の場合でも先を見越して欠航することもけっこうふえてます。

台風は突然発生するものですが、日本よりはるかに離れたところで発生しても数日で沖縄付近にやってくることもあれば、遠くで停滞していつやってくるのか分からないです。自然が発生させるものですから誰にも予測はつきません。

ツアーの中止について

ツアーで沖縄旅行を申し込んでたのに、急に台風の足が速くなってツアーが中止されたという人も多いようです。基本はツアーで、乗る飛行機の欠航が決まらなければ中止にはなりません。台風の進路や速度によって、事前に分かっていれば旅行会社から連絡がありツアーがとりやめになるが、欠航が決定しないうちは台風が心配でも一応旅行の支度をして家を出て空港に向かわなければいけません。

自分で空港に行かず、予定通り(時間が遅れても)飛行機が飛んだ時には、自己都合の取消となり取り消し料が発生してしまうので注意が必要です。tourではなく個人でホテルを手配した場合、取り消しするのは自己判断となりますが、ホテルのなかでは、自然災害による欠航による中止であっても取消料が発生することもあります。

user

user wrote 6 posts

Post navigation